スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真壁のひな祭りツー

あー、昨年から、3か月弱、バイク乗ってないわ。

こんなに乗らなかったの、いつ以来だろ?

てなわけで、久々のソロツーです。



2月24日(土)、この日は急遽予定変更となってしまい

時間ができたので、お出かけに。



今日は高速混んでるなー、と思いながら、土浦北ICを降りて下道を進みます。


途中のコンビニで一服。

DSCN3628.jpg


招き猫の前で缶コーヒーで温まります。


朝はちょー寒かったわ。


で、多分国道125号~県道を走って到着しましたのは

茨城県桜川市真壁町。

そうです。今年も真壁のひな祭りを見に。

昨年は偶然通りかかりましたが、今回はそれを目的に。

それで町中を見て回ります。



まずは、旧真壁町郵便局。

DSCN3629.jpg


この中にもお雛様が飾ってあります。


DSCN3631.jpg


でかいです。立派なお雛様が展示してあります。


更に町中を進んで行きます。

町中の各お店に展示されているのですが、

全部は見切れないので、気なったお店だけ見て回ることに。



履物屋さんの中には

DSCN3636.jpg

これも立派です。華やかさがありますな~。



これはどこだったかな? ネズミの嫁入り?ってことなんですかね。

DSCN3638.jpg

かわいらしいです。



こちらは100年前のお雛様だそうです。

DSCN3639.jpg

なんだかお上品な感じが。趣がありますな。



トゥクトゥクを展示したレストランでもお雛様が。

DSCN3643.jpg

店内にも立派なお雛様が飾ってありました。

ちなみにこのトゥクトゥク、実際に走れるそうです。




そして昨年も来ました伊勢屋さん。

DSCN3648.jpg



DSCN3646.jpg

なんかですね~、この建物の雰囲気とお雛様の雰囲気が

大変マッチしておりまして、結構好きです。



さて、それでは、コロッケでも食べっかのー、でお店に向かうと

DSCN3654.jpg

大渋滞中。人気店ですな~。



今日は諦めてお次へ。




今日唯一のちょびっとクネクネ道を堪能してやって来たのは


雨引観音様。

DSCN3655.jpg



第二駐車場からはなが~い石段が待ち構えております。

DSCN3656.jpg

当然の如くここを登っていきましょう。



なが~い石段を登っていくと


まずは観音堂で参拝。

DSCN3659.jpg



大変歴史のある観音様なんですね。

DSCN3658.jpg

正しくは、雨引山楽法寺というんですね。




DSCN3662.jpg

放し飼いになってます。


鴨やアヒルも闊歩しておりました。


孔雀もいるらしいのですが、お見かけしませんでしたね。



なかなか眺めが良く気持ちの良い場所でしたー。

DSCN3664.jpg



もうちょっと温かくなると梅も咲いて綺麗な眺めになるんでしょうな。

DSCN3667.jpg

趣のある良い場所でした。




この後は、なんか適当に飯屋があったら入るかなと、




県道~国道50号を走っていたら、茨城県~栃木県へ入り、目的地に到着してしまった。



日酸公園。

ここに珍しい車両が保管してあると聞いたので。

DSCN3679.jpg


クモエ21

今は見かけることが非常に少なくなった救援車。

この車両側面のでっかい扉が特徴的。

DSCN3671.jpg

傷みはあるものの、塗りなおされて大事に保管されている様子。


公園の案内板には小学生にもわかりやすい解説が。

DSCN3673.jpg

貴重な車両なんで、末永く大事にして頂きたいですね。



この後は昨年現場に到着しながら、見られなかったあの場所へ。







そうです。


岩下の新生姜ミュージアム。


DSCN3681.jpg


結構な混雑ぶりですねぇ。


こんな週末限定イベントもやってます。

DSCN3682.jpg



それでは、見て参りましょう。

DSCN3684.jpg



展示物は、所狭しとあって、真面目に読んでいくと、

結構時間かかります。

DSCN3685.jpg



DSCN3686.jpg



DSCN3691.jpg

新生姜の歴史とか、開発ストーリーとか、真面目な展示もありますが、





DSCN3689.jpg

こんな特大被り物とか



DSCN3693.jpg

おふざけ的な(?)展示も結構あります、というかそっちの方が多いな。




前回も食べた生姜ソフト再び。

DSCN3695.jpg

生姜味もしっかり入っていて旨いっす。



さてさて、お次は

県道~国道50号~354号~407号を走って来たと思う。たぶん。



淡々と走ってやってきましたのは、

熊谷市妻沼展示館。

DSCN3709.jpg


外に東武熊谷線を走っていたキハ2000が保存されているのです。


DSCN3700.jpg


ひと気はありませんな。ゆっくり見学。


DSCN3706.jpg

シルバーシートが展望席。



DSCN3701.jpg

ここに保存されて既に30年以上。その年月が刻まれてますな。



展示館内にも現役当時の写真や制服などが展示されています。

DSCN3703.jpg

う~ん、現役当時に乗ってみたかった。



さて、この時点で3時半過ぎ。

もう1か所立ち寄るか迷ったが、渋滞を避けたかったので、帰ることに。


18時過ぎ帰着。298.6キロの旅でした。



スポンサーサイト

新旧交代

ちょっと物が増えすぎたかなー、ということで、

このところちょっとずつ断捨離を進めております。


このヘルメット。


DSC_0614.jpg



フォルツァ購入と同時に、買ったアライのヘルメット。

愛着もあったんで、予備としてとっておいたのですが、

さすがに製造から10年超。

外観はきれいなんですがね。

思い切ってサヨナラすることにしました。


ありがとう!アライくんよ!





で、空いたスペースに鎮座したのは、こちらのメット。


DSC_0615.jpg


( ̄▽ ̄)

冬の城ケ島ツーリング

2017年11月26日 日曜日、天気は晴れ。

三浦半島、城ヶ島を目指してのタケさんツーリング企画参加です。


集合場所の大黒PAまでは下道で行こうと早起きしたものの、

寒くて断念。ゆっくりスタートで高速でバビューンとな。


大黒PAはお初なので、どーかなーと思ったが、心配した通り

道を間違え、高速降りちゃった⁉

生麦辺りをかる~く散策してから集合場所へ。

DSCN3478.jpg

大黒PA、初めてきましたが、すごいね。エキゾーストサウンドが。

バイクも車もたくさんおりましたよ。


さてさて、9:40 出発です。



今回は総勢15名(だったかな?)のツーリングです。

首都高速湾岸線~横浜横須賀道路を通って、

第2集合場所の横須賀PAへ。

DSCN3479.jpg

今日はバイクが多かった。


途中後ろ半分の方がが来ませ~ん、てなこともありましたが、

再び合流して

そして城ケ島大橋。

DSCN3480.jpg

渡橋料は、タケさんが予め取りまとめてくださって払ってくれました。

ありがとうございます。


城ケ島はお初。

で、まずは昼飯。


やってきましたのは、

しぶき亭。

DSCN3482.jpg

御店の親父さんがとても威勢が良いっす。

ここも、幹事のタケさんが予め予約を入れてくださっているので、待ち時間はいと短し。


私は定番のマグロ丼を頂きます。

DSCN3481.jpg

うまいっす。

黙々と食べてしまった。

その後暫し談笑。北海道話とかキャンプ談義とか。

いやいや、皆さん結構お出かけなさっているのね。北海道は魅力的ですな~。

ちなみにこの時店内のお客さんは、バイク乗りと自転車乗りの方々で90%以上を占めていたような。


御店の入り口には・・・

DSCN3483.jpg


食事の後は、



ばば~んと







デザートでしょ。

で、やって参りました、佐島マリーナ。

DSCN3486.jpg


ここは風がびゅーびゅーでした。

波しぶきが飛んできそうなくらいに。

サイドスタンドで倒れないだろうかと思うくらいに。


駐車場から綺麗な富士山が。

DSCN3485.jpg

美しい。



珈琲&ケーキでいっぷく。

DSCN3487.jpg

美味いっす。

コーヒーはおかわり可で、温まりたいところでしたが、

この時期、頻尿ライダーにはコーヒーおかわりは禁物ですな。


御店はオシャレな感じ。

DSCN3488.jpg

もうクリスマス仕様ですなー。



さて、そろそろ帰途につきましょうか、でやって来たのは、

県営立石駐車場。


駐車場渋滞で、暫し待ったのち入場。

1511735551605.jpg

記念写真をば。

後ろにちょびっと富士山が顔を出しておりやす。


駐車場混み混みなので、早々に退散


それでは、今度こそ帰ります。

逗葉新道~首都高速湾岸線を通って大黒PA到着。

ここで解散です。

DSCN3489.jpg

229キロの旅でした。

タケさん、ご参加の皆さん、ありがとうございました。

またよろしくお願い致します。

新潟・棚田ツー

忙中閑あり。

久々の平日ツー。

朝5時出発。

関越道をバビューンとな。

高坂SAでひと休み。

DSCN3401.jpg

というか、ちょっと薄着だったらしく寒かったので。

そして、首都圏ツーリングプランの恩恵を活かすべく、

沼田ICで降りて、国道17号を走ります。

平日だからなのか、道は空いています。


紅葉も、もう終盤ですかね。

DSCN3402.jpg


苗場の辺りも通過して、その頃にはだいぶ温かくなってましたね。

国道353号を走り

DSCN3404.jpg


目指すは、星峠の棚田。


そして、国道から外れ、段々近づいてくると、


道はへろへろっとしてきます。

DSCN3405.jpg


更に進んでいき、さぁ、いよいよ棚田到着か!


というときに、ナビ様はわき道を行けという。


棚田の中をつっきれと?


ほんとかいな?と思いながら進んでみる。

DSCN3406.jpg


この先で大変なことに。


急坂の泥っぽい道で、スリップ!


もう登れません。


仕方がないので、後輪を空転させながらスライドさせて、アスファルトに

接したところで山側にハンドル切って切り返し切り返しで、Uターン。


日頃のUターンの成果か?

いやいや、DCT様様でした。エンストしませんからね。


再び元の道へ戻って少し進むと、

な~んだ、案内あるじゃない。

DSCN3408.jpg




で、案内板通りにすすんで、ハイ到着。

DSCN3417.jpg

タイヤには闘いの跡が。


星峠の棚田、全貌はこんな感じらしいです。

DSCN3410.jpg


DSCN3411.jpg

これを維持するのは大変なことでしょう。



うん、良い眺め。

DSCN3416.jpg

お勧めの春先や黄金色の稲穂の季節にも来てみたいですね~。


DSCN3412.jpg



DSCN3419.jpg

天気も良くて、良い眺めですのー、ちとストラップが入ってしまいましたが。


それでは次の目的地へ向かいましょう。


DSCN3420.jpg


こんな景色を眺めながら走っていくと、


はい、到着。儀明の棚田。

DSCN3423.jpg




春に来ると桜が美しいらしい。

DSCN3426.jpg


タクシーで見に来てるおばちゃんたちがいまして、運転手さんと暫し談笑。




山の向こうにも棚田が。

DSCN3425.jpg



こっからちょびっと走ってやって来たのは、

蒲生の棚田。

DSCN3428.jpg

こちらは水が張ってあって、なかなかよい塩梅です。


DSCN3429.jpg

やっぱり早朝が良いのね。



さて、この後は、山古志方面へ向かいます。


この後は、ちょっと山道走ろうと思って、ちょいと遠回りして


途中こんな道も

DSCN3434.jpg

ニャンコ先生さん曰く、「緑のセンターライン」というらしい。




そして進むと、

DSCN3435.jpg


左折路がありましたのでそちらへ。



暫し走って、小千谷駅付近を通過するとこんな感じの看板がちらほらと。

DSCN3436.jpg

錦鯉の養殖場があちらこちらに。



で、更に山の中を進むと

DSCN3439.jpg



ちょいと一服。

DSCN3438.jpg



どの辺り走ってんだか今ひとつわかってませんが、眺めは良し。

DSCN3441.jpg


斜面にあった藁のかまくら(?)は一体何だ?

DSCN3437.jpg


へろへろっとした山道をさらに進んで行きます。



ど~んっ!と、でっかい鳥居がお出迎え。

DSCN3443.jpg



更に進んでいくと、トンネルの上に神社が。

DSCN3445.jpg


やって来たのは、高龍神社。


では早速参拝しましょう。

DSCN3446.jpg

かなり急な石段の階段が。118段あるらしい。

入り口が二つございまして、左は階段、右はエレベーターになっております。


当然のごとく左の階段を登っていくと、

DSCN3447.jpg



DSCN3448.jpg

更に階段が続きます。因みにエレベーターはここまで。

こっから先は階段のみ。


この階段を登り切ると境内に到着。

DSCN3449.jpg


ここは商売繁盛の神様だそうで、私が参拝している間も、

スーツ姿の方や作業着姿の方々が絶え間なくやってきました。


DSCN3450.jpg

拝殿の中には名刺がたくさん貼ってありました。


DSCN3451.jpg

なかなか気持ちの良い場所でしたね~。




グーグル先生を眺めていたら、見つけちゃった

山古志の棚田棚池ビュースポットへ。

DSCN3453.jpg


DSCN3456.jpg



DSCN3457.jpg

だそうです。時間があれば闘牛場にも行ってみたかったが、今回はパス。



秋ですな~。

DSCN3459.jpg




漸くへろへろ道から国道へ入って、やって来たのは

玉川酒造(株)

DSCN3474.jpg


酒蔵見学もできます。

DSCN3464.jpg


DSCN3467.jpg



雪中貯蔵がうりなんですな~。

DSCN3473.jpg



真冬は、ど~んとあった雪も

DSCN3470.jpg


随分溶けてしまいやした。

DSCN3471.jpg


貯蔵室はひんやりしております。

DSCN3472.jpg


酒は美味い水から。

DSCN3469.jpg

DSCN3468.jpg

注ぎ口が笑えますが。



ここまで昼抜きで走って来たので、腹ごしらえを。

小出のラーメン屋さん、丸川屋へ。

小出病院の近くにあるラーメン屋さんで、何度か来ているのですが、毎回迷ってしまう。

今回も軽く近所を2週ほど回って着店。

DSCN3475.jpg


チャーシューメンを頂きます。

DSCN3476.jpg

なんかねぇ、昔懐かしい醤油ラーメンなのですよ。麺は熟成麺でやわらかめ、

このスープにはやわらかめもまた良しです。

チャーシューは程よい脂の乗りで私好みです。

お店は昭和28年創業だそうで、歴史ある地元に愛されているラーメン屋さんって感じです。


お腹も埋まったところで、再び沼田ICまで17号で帰ろうかと思ったものの

だいぶ時間がおしてしまったので、潔く小出ICから関越道へイン。

途中断続的に渋滞してはいたものの、20:30には帰宅。

598キロの旅でした。

板谷峠・会津ソロツー その2

さてさて、山道を堪能したので、ひと休み。

DSCN3358.jpg

道の駅裏磐梯。

先はまだ長いので早々に出発。

国道459号で喜多方方面へ。

ここもワインディング。バイクも多いですね~。

喜多方市内で国道121号に入って北上すると、

到着しました。



日中線記念館

DSCN3359.jpg

1984年の廃線後、日中線終着駅だった熱塩駅が記念館として保存されています。


木をふんだんに使った作りが良いですな。

DSCN3384.jpg

いや~、静かですな~。のどかで、昭和が香る感じ、時が止まったままのようです。


駅舎の中は見学できるようになっています。

DSCN3362.jpg

昔の切符販売窓口。100円で記念切符が購入できます。


DSCN3360.jpg

この電話は、廃線まで現役で使っていたのでしょうか。なんとレトロな。



構内には車両が保存してあります。

DSCN3367.jpg

ラッセル車キ287と客車オハフ61。貴重品です。


保存後30年以上経過していることを考えると、きれいに保存してあります。

DSCN3368.jpg


車内を見ることができました。

DSCN3370.jpg

車内は木製、割とシンプルですな~。ストーブが付いてます。煙突が。


運転席もシンプル。

DSCN3369.jpg

現役時代は機関車に押されて使用していたそうで、レバーは除雪用翼の操作レバーでした。


後ろに客車が。

DSCN3371.jpg


車内には木製の椅子が、というか、背もたれが木むき出しなのね。



ニス塗りが美しいですが、この座席、どんな乗り心地だったんでしょうね~。

DSCN3374.jpg


これこれ、この管。その昔、トイレは垂れ流しだったんですよね。

DSCN3376.jpg



構内にあるベンチからの眺め。

DSCN3379.jpg


喧騒を忘れ、ボ~ッと、なんと贅沢なひと時。


DSCN3380.jpg


すっかりのんびりとさせてもらいました。


では、お次の場所へ。


ここからすぐ近くの雲嶺庵へ。


DSCN3385.jpg


ここは、ほまれ酒造の中にあります。


案内板に従って進むと、でっかいタンク。

DSCN3386.jpg


更に進むと


DSCN3389.jpg


中に入ってみましょう。


入り口正面には、

DSCN3390.jpg


更に進むと、歴代のポスターが展示してあります。

年配の方には懐かしい女優さんが。

DSCN3395.jpg


こちらは、どなたかわかりますかね~

DSCN3394.jpg


奥には、土産屋さん&試飲コーナーが。


さらに奥には、バーのような展示スペース。

DSCN3391.jpg


その前には庭園が広がっています。

DSCN3392.jpg


1300坪もあるそうで。庭園を眺めながら試飲したらさぞかしおいしいことでしょう!

DSCN3393.jpg


バイクなので、お土産で我慢。


この時点で14時40分頃。

西那須野ICまで下道で行こうと思っていたが、ナビ様によると帰りが夜中になってしまいそう。

潔く諦め、磐越道からIN。


磐梯山の眺め。

DSCN3398.jpg


東北道は途中ちょこちょこ断続的に渋滞してましたが、20時ころ帰着。

745キロと久々の700キロ越え日帰りロングツーでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。