スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、東北へ その1

とある夏の日、山寺に行きたくなることはありませんか。


私は行きたくなったので、行ってみました。




バビューン、バビューンと走って





走ったのは電車ですが、到着。

DSCN2954.jpg



駅前には案内看板。気分を盛り立てますな。

DSCN2953.jpg



では、早速向かいましょう。

DSCN2956.jpg


で、到着。立石寺。

DSCN2957.jpg



階段を登っていきます。

DSCN2959.jpg



根本中堂

DSCN2960.jpg




DSCN2963.jpg


手前の紫陽花がきれいだったので、こっちにピントが。

DSCN2962.jpg


句碑と芭蕉さんとお弟子さん

DSCN2965.jpg

あれ?これでおしまいか?

いやいや、

ここが山門。こっから山道を登っていきます。

DSCN2966.jpg



こんな道を登っていくと

DSCN2967.jpg



なんだかジブリの世界ですな~。

DSCN2968.jpg

姥堂だったかな。


う~む、さすがは修行の場。こんな細い階段も。

DSCN2970.jpg


さらに登っていきます。


うす曇りとはいえ、さすがは夏、全身から肉汁が。

DSCN2971.jpg


案内板を読みながら、暫し古に思いをはせ、眺めてしまったよ。

DSCN2973.jpg



DSCN2974.jpg




DSCN2975.jpg


自然の造形は素晴らしい。

DSCN2976.jpg




DSCN2981.jpg


DSCN2982.jpg

フツーに通過できたから、邪心は持っていなかったということですかね。

DSCN2983.jpg



お~~、なんか、山寺っていう雰囲気になってきましたな~。

DSCN2984.jpg


DSCN2985.jpg



DSCN2987.jpg


これは、開山堂と、小さい方が納経堂。

DSCN2988.jpg



そしていよいよ五大堂。

DSCN2990.jpg


DSCN2993.jpg


眺めは最高。

DSCN2991.jpg


心地よい、良い風が抜けるので、暫し休憩。


これは実に残念。

DSCN2995.jpg

落書きは是非やめていただきたいです。


さらに先へ進んでいくと

DSCN2996.jpg


あら、進入禁止。私は一般客ですからね。

つづく。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。