FC2ブログ

板谷峠・会津ソロツー その2

さてさて、山道を堪能したので、ひと休み。

DSCN3358.jpg

道の駅裏磐梯。

先はまだ長いので早々に出発。

国道459号で喜多方方面へ。

ここもワインディング。バイクも多いですね~。

喜多方市内で国道121号に入って北上すると、

到着しました。



日中線記念館

DSCN3359.jpg

1984年の廃線後、日中線終着駅だった熱塩駅が記念館として保存されています。


木をふんだんに使った作りが良いですな。

DSCN3384.jpg

いや~、静かですな~。のどかで、昭和が香る感じ、時が止まったままのようです。


駅舎の中は見学できるようになっています。

DSCN3362.jpg

昔の切符販売窓口。100円で記念切符が購入できます。


DSCN3360.jpg

この電話は、廃線まで現役で使っていたのでしょうか。なんとレトロな。



構内には車両が保存してあります。

DSCN3367.jpg

ラッセル車キ287と客車オハフ61。貴重品です。


保存後30年以上経過していることを考えると、きれいに保存してあります。

DSCN3368.jpg


車内を見ることができました。

DSCN3370.jpg

車内は木製、割とシンプルですな~。ストーブが付いてます。煙突が。


運転席もシンプル。

DSCN3369.jpg

現役時代は機関車に押されて使用していたそうで、レバーは除雪用翼の操作レバーでした。


後ろに客車が。

DSCN3371.jpg


車内には木製の椅子が、というか、背もたれが木むき出しなのね。



ニス塗りが美しいですが、この座席、どんな乗り心地だったんでしょうね~。

DSCN3374.jpg


これこれ、この管。その昔、トイレは垂れ流しだったんですよね。

DSCN3376.jpg



構内にあるベンチからの眺め。

DSCN3379.jpg


喧騒を忘れ、ボ~ッと、なんと贅沢なひと時。


DSCN3380.jpg


すっかりのんびりとさせてもらいました。


では、お次の場所へ。


ここからすぐ近くの雲嶺庵へ。


DSCN3385.jpg


ここは、ほまれ酒造の中にあります。


案内板に従って進むと、でっかいタンク。

DSCN3386.jpg


更に進むと


DSCN3389.jpg


中に入ってみましょう。


入り口正面には、

DSCN3390.jpg


更に進むと、歴代のポスターが展示してあります。

年配の方には懐かしい女優さんが。

DSCN3395.jpg


こちらは、どなたかわかりますかね~

DSCN3394.jpg


奥には、土産屋さん&試飲コーナーが。


さらに奥には、バーのような展示スペース。

DSCN3391.jpg


その前には庭園が広がっています。

DSCN3392.jpg


1300坪もあるそうで。庭園を眺めながら試飲したらさぞかしおいしいことでしょう!

DSCN3393.jpg


バイクなので、お土産で我慢。


この時点で14時40分頃。

西那須野ICまで下道で行こうと思っていたが、ナビ様によると帰りが夜中になってしまいそう。

潔く諦め、磐越道からIN。


磐梯山の眺め。

DSCN3398.jpg


東北道は途中ちょこちょこ断続的に渋滞してましたが、20時ころ帰着。

745キロと久々の700キロ越え日帰りロングツーでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ザッキー

Author:ザッキー
NC750X DCTを通じて人生を楽しんでしまいたい!と思っているのんびりオヤジの適当備忘録ブログ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR